鳥胸肉を簡単に燻製してみたら美味すぎた

こんにちは、よしのぼりです。


キャンプに行ったときに作るアウトドア料理ってオシャレですよねー。

スポンサーリンク









私がキャンプに行ったときによく作るメニューってピザ、アヒージョ、ビーフシチュー、パスタ、バーベキュー、それから燻製とかですかね。普段はキンピラとか卯の花とか、揚げ出し豆腐とかが好きなんですが、アウトドア行くときは、背伸びしてカタカナの名前の料理を頑張ってます。


燻製って良く聞きますが、実際にきちんと作るとなると結構手間なんですよね。チーズとか卵の燻製は燻すだけなんで簡単ですけど。


よくやるのは鳥胸肉を大量に買ってきて、ソミュール液(15%くらいの塩水と思っていただけたらいいです)もしくはピックル液(塩以外に色んな味付けをした液体)に1日漬け込んで、今度は水につけて塩抜きして、乾かして、燻製器で2時間かけて燻すっていう工程を行うのですが、一言でいうならば、メンドクサイのです


しかし、やっぱり美味しいし、燻製された鳥胸肉の香りが何ともいえません。


そこで、今日はもっと簡単に手軽に作ってしまおうと思って1時間30分あれば作れる鳥胸肉の燻製を紹介したいと思います。


まずは、お湯を沸かします。
燻製(2).jpg


そこへ、少ししょっぱいと感じる程度の塩と買ってきた鳥胸肉を入れて、そのまま1分間待ちましょう
燻製 (1).jpg


1分間たったら、火を切ってください。
燻製 (3).jpg

火を切って30分経ったらお肉を出しましょうあ、このときの茹でた水は捨てないでくださいね


次に、燻製器の中へとり胸肉を並べていきます。
燻製 (5).jpg
もし、家に燻製器が無い方は底の深いフライパンに網を置いてその上にお肉を並べて、網の下にアルミホイルに入れたウッドチップで燻すという方法です。これなら、コンロで火にかけるだけで簡単に燻すことができますよ。


チップを置いて
燻製 (4).jpg


その上に先ほどセットした燻製器を置きます。
燻製 (6).jpg


そこから20分程度燻せばこんな感じ。
燻製 (7).jpg


燻製する時間は色合いを見ながら調整してください。

スポンサーリンク









ちょうど良い色合いになったら、アルミホイルに包んで休ませます。
燻製 (8).jpg


燻製された直後ってあんまり美味しくないんですよね。時間を置いて落ち着いた方が酸味もなく美味しくいただけます。


そして休ませたお肉をまな板へ
燻製 (9).jpg


スライスしていくのですが、これはお好みで
燻製 (10).jpg


いかがでしょうか。おもったよりも簡単ではないですか?


無償に燻製肉を食べたくなったときに作る方法なんですが、時間も掛からず美味しく出来るのでお勧めです。







もちろん、キャンプへ行く前に鳥胸肉を湯がしておいて、キャンプ場で燻すだけでも雰囲気が出ていいですよ。


そういえば忘れてました。鶏肉を茹でた汁


これは捨てないでくださいね。ここに、家にある野菜を適当にカットして放り込んでいきます。
燻製 (12).jpg


後は、塩、醤油で味を整えたら美味しい鶏がらスープの出来上がりです。


完成したスープの写真を撮り忘れてました。すみません・・・。


これも凄く美味しいので是非やってみてくださいね。お好みでウェイパーを混ぜるとさらに鶏がら感がアップします。



クリックしていただけると、私のやる気がドンドンアップします。是非ご協力お願いします。

スポンサーリンク









この記事へのコメント