サフィールの靴クリームを使ってソファを補修してみた

こんにちは、よしのぼりです。

スポンサーリンク









本革のソファを使っていると少しずつひび割れて、塗装が剥げてきたなくなってしまいます。


私の家で使っているソファも10年の月日が経ち、かなーーーーり傷んできました。


なんとか綺麗にならないかとネットを検索していますと、サフィールの靴クリームというものがソファの補修にいいとのこと。


ものは試しです。どうせこのままだとみすぼらしいソファなのでDIYで補修してみることにしました。


まずは、傷んでしまっている現状。
サフィール (1).jpg
遠目からみても傷んでいるのがわかります。近寄ると。
サフィール (2).jpg
結構ヤバいですよね。子供たちが元気にソファの上で飛んだり跳ねたりしてくれたおかげで良い具合にビンテージとなっています。


なによりも白色のソファなのでビンテージ具合が目立ってしまいます。

スポンサーリンク








ちなみにサフィールの補修クリームは色がたくさんあります。白色の補修クリームも数種類あるためどれが私のソファに色が近いのかさっぱりわかりません。


ということで、サフィールの問い合わせホームで色の見本をもらうことにしました。


こちらで見本をもらうことができます。


申し込みをして数日ほどすると私が希望したカラーのサンプルが届きました。
サフィール (3).jpg
左下が濡れてますね。すみません。こんな感じで紙に塗料を塗ってくれた状態で送られてきます。


この中だと、どうやら私の家のソファはオフホワイトというカラーが近いようです。こうやってサンプルのカラーと比較できるのは助かりますね。

スポンサーリンク









ということで、オフホワイトの補修カラーと汚れ落とし保湿クリームを注文しました。


そして届いたのがこちら。
サフィール (4).jpg
補修クリームと一緒に頼んだ汚れ落とし保湿クリームはユニバーサルレザーローションいう名前なのですが、口コミの評価が高くて革製品の保湿に優れているそうです。また、塗装する際にこのローションで塗料を混ぜてやると塗りやすいとのこと。

スポンサーリンク








まずは、乾いた雑巾を使ってユニバーサルレザーローションをつかってソファの汚れを落としていきます。
サフィール (5).jpg
次に、補修クリームを雑巾につけてユニバーサルレザーローションで薄めてやりソファをトントンたたいてやります。
サフィール (7).jpg
まずは、向かって右側を塗ってみました。
サフィール (8).jpg
いい感じにひび割れが埋まっているのがわかります。サンプルでカラーを比較して選んだので塗料の色もばっちりです。


残りも同じようにトントンたたいていきます。


どうでしょうか。塗り終えた後がこちら。
サフィール (10).jpg
最初のビンテージソファに比べるとかなり良くなったのではないでしょうか。

スポンサーリンク









新しいソファを買い替えようか悩んでいたのですが、サフィールの補修クリームのおかげで復活しました。


塗った後もすぐ乾いてくれ、座ってもひび割れが目立たなくなっています。


なによりもユニバーサルレザーローションの革への保湿具合がいいです。ソファを最初に買ったときのようなしっとりした感じになります。


ほかにも革製品の保湿クリームはあるのですが、ユニバーサルレザーローションのほうが使った感じはよいですね。


もし、革製品を使われている方がご自分で補修を考えていればサフィールの補修クリームおすすめです。


ぜひDIYに挑戦してみてください。それではまた!


クリックしていただけると、私のやる気がドンドンアップします。是非ご協力お願いします。


後日、再度塗りなおしたところ、さらにひび割れが目立たなくなったので追記しておきます。
sahuli-ru.jpg

上塗りをしてあげたほうがさらに良い感じに修復できました。


ここまで綺麗に修復できたので大満足です。


この記事へのコメント