【DIY】キャンピングカー、バンコンを素人が一人で作ってみた

こんにちは、よしのぼりです。


またまた、キャンピングカーのDIY特集です。


外国人の方が一人でバンコンをDIYで作ってしまいます。なかなか良いできですので是非ご覧ください。

スポンサーリンク









まずは、キャンピングカーを作成する車内の中から。
1.png
赤色がまぶしいです。


窓が少ないため、取り付けするみたい。
2.png
ジグソーで切り抜いて、


規制品の窓をはめ込むだけ。
3.png
枠のサイズさへきちんと図って切れば何とかなりますね。

スポンサーリンク








次はフローリング。やっぱり断熱は重要。
4.png
しっかりと敷き詰めていきます。


そのうえには合板を張ります。
5.png


もちろん、サイドも天井もしっかりと断熱材を詰めていきます。
6.png


さきほど取り付けした窓枠に木枠を取り付けます。
7.png
断熱材をいれて、


合板で覆ってしまいます。
8.png


天井の断熱材を詰めたあとは、天井を木材で貼っていきます。
9.png
肩こりそうです。これを一人でするのはしんどいでしょうね。

スポンサーリンク









サイドも壁材で覆っていきます。
10.png


フロント側に家具を取り付けています。
11.png
ギャレーになるのでしょうか。


木材の色合いがいいですね。
12.png


運転席上には収納スペースを作成。
13.png
木材をマットでカバーするだけでも見た目が良い感じになりますね。

スポンサーリンク








次は、壁を塗装。
14.png
結構おおざっぱに塗っています。


リア側にはベッドスペースでしょうか。
15.png


リアのドアには青色で塗装。
16.png
一部の色を変えてもオシャレですね。


天井もカラフルに塗装。
18.png
19.png
以外に青や黒、白が合いますね。


床は白系のフローリングを貼っていきます。
20.png
基本的には白を基調としたカラー。


リアからのベッドスペース下の収納。
21.png
結構広いので物はたくさん積めそうです。

スポンサーリンク









今度は外で木材を焼き始めました。何に使うのだ。
23.png24.png
さっぱり見当がつきませんね。


なるほど、天井に貼るため木材が腐らないように表面を炭化させたのですね。
25.png
日本でも焼杉の板で外壁を作成したりするので効果はあるのでしょう。


一部には太陽光パネルを取り付け。
26.png
この上に登って花火を見に行ったら最高ですね。


中の様子はまた別の動画になるようです。ということで本日はここまで。


また、インテリアは別に紹介したいと思います。


それでは、また!


クリックしていただけると、私のやる気がドンドンアップします。是非ご協力お願いします。



この記事へのコメント