【2000円以下】アウトドアテーブルを買いたいけど高すぎたので自分で作ったら衝撃の出来栄えだった【その1】

こんにちは、よしのぼりです。

スポンサーリンク









暖かい日が続いていますね。本日は昼間はアウターが必要ないくらいでしたね。


そうなってくるとキャンプ魂が騒いできます。新たなキャンプギアも欲しくなってきます。


最近、ローテーブル、ローチェアが欲しくてずっーと楽天とアマゾンとヤフーショップを見て回っています。


しかし、欲しいサイズのローテーブルはまぁまぁの値段で私のお小遣いでは手が出せません。


ちなみにほしいローテーブルはこちら。

カッコいいんですけど、値段が。。。


貧乏な私はここでDIYという挑戦にでることにしました。


ということで、まずは材料を購入。
1 (1).jpg
ホームセンターで杉の木2メートル10本セットで1000円で購入。ほかには紙やすりとボルトとナットセットを購入。合計1500円ほど。


さて、早速ですが頭の中で適当にサイズを決めて木材をカット。
1 (2).jpg
テーブルの大きさはある程度欲しかったので60センチ×90センチのサイズを作ってみようと思います。


木材に鉛筆で線をいれたら丸ノコでどんどんカットしていきます。
1 (3).jpg
最初は慣れていないため真っすぐに切れなかったり、線がずれて切断してしまったりと、なかなかの素人DIYっぷり

スポンサーリンク









しかし、途中から段々慣れてきてあっという間に切り終えてしまいました。
1 (4).jpg
結構これだけで原型が見えてきますね。テーブルの形に並べてみました。


さて、ここからが重労働。木材を紙やすりでしっかりと磨いていきます。
1 (5).jpg

かなりの本数があるので結構しんどいです。下ばっかり見ながら磨いていると首が痛くなります。


でも磨いたほうとそうでないほうを比べると一目瞭然。
1 (6).jpg
どちらが磨いた木材かわかりますか?


正解は左側です。左側に比べると右側の木材は表面がざらざらして見えませんか。


なんやかんやでとりあえず、天板以外の木材を磨き終えたので磨き作業はいったん終了して形にしてみようと思います。磨き作業に飽きただけでは?なんて言わないでください。いや結構ね、、、あき。。。いえいえ。

スポンサーリンク









ということで、気を取り直して天板を貼るための枠を作成。
1 (7).jpg
ビスをうつためのマークをつけて、いったんドリルで穴開け作業。
1 (8).jpg
ビスをうったら完成。
1 (9).jpg
こちらがテーブルの基礎となります。


後は天板をはっていくのですが、まだまだ磨き作業は終わっていません。天板は合計20本用意しています。
1 (10).jpg
終わりがみえません・・・。


だんだん暗くなってきたため本日はここまでで作業を終了


今のところ格安でできそうなので出来栄え次第では皆様に是非おすすめするDIYかもしれません。


ということでテーブル完成までもう少しお待ちください。それではまた!


クリックしていただけると、私のやる気がドンドンアップします。是非ご協力お願いします。



この記事へのコメント