コールマンのスポーツスター508Aをマット塗装化作戦

こんにちは、よしのぼりです。


コールマンのスポーツスター508Aをバーナーリングを追加せずにケロシン化してみた



以前ご紹介したケロシン化?したコールマンの508A


コールマンらしい濃い緑のテカテカ塗装はいかにもコールマン!という主張が。


塗装にはまっている私としてはマット塗装しなければ気が済まないという衝動に駆られてしまいました。


ということで、コールマンのスポーツスター508Aをマット塗装にかえてみようと思います。

スポンサーリンク









まずは、シール剥がしから。シール自体は簡単に取れたのですが、ノリが残った状態となりベッタベッタに。
SINGURUBA-NA- (1).jpg
これを剥がすのにかなり時間を要してしまいました。最初は嫁の除光液を使って少しずつチビチビ剥がしていたのですが、キリがありません。


そこで、いつも塗装面の油膜取りに使うシンナーを使ってみたところあっとまにノリがはがれました。シール剥がしたいときはシンナーが早いです。


ということで、ノリをしっかりと取ったら、お次は足付け作業。ヤスリで塗装面をしっかり削っていきます。この作業を怠ると、あとから塗装面がポロポロ剥げる原因になるので気をつけましょう。
SINGURUBA-NA- (2).jpg

ヤスリ掛けが終わったら、塗らない部分をマスキングテープと買い物袋を使って保護します。塗装の出来不出来はマスキングにかかっているといわれていますので、塗ってはいけない部分をしっかりとテープなどを利用して隠していきます。
SINGURUBA-NA- (3).jpg

あとは、シンナーを使ってしっかり塗装面の油膜を落としたら塗料を吹き付けるだけ。


今回選んだのは、アサヒペンのクリエイティブカラースプレーシリーズのダークグリーンのマット
SINGURUBA-NA- (4).jpg
基本的にはコールマンの濃い緑色と近いカラーですが、マット塗料なので見た目は変わってきます。


それでは塗料を吹いていきます。塗った直後はあまり変化がわからないくらい似ています。
SINGURUBA-NA- (5).jpg

乾いてくるとこんな感じに。
SINGURUBA-NA- (6).jpg
コールマンのテカテカの緑に比べると落ち着いたマットカラーになりました。


写真だと少し光っているようにも見えますが、実際にはもっと落ち着いたマットカラーです。


大きな変化ではありませんが、個人的には大満足。少しずつ他のアウトドアギアもオリジナルカラーに変更していきたいと思います。


それではまた!

この記事へのコメント