木製フェンスをDIYで作成することにしたけど大変すぎる(完成編)

こんにちは、よしのぼりです。

スポンサーリンク









先日の支柱編からの続きになります。


アルミの角柱に木の板を貼りつけて、支柱ブロックに固定作業になります。支柱ブロックはしっかりと下穴を掘ったあとに、20センチほど砂利を詰めて地固めしたあと、支柱ブロックを置いて水平をとります。ここの作業は慎重にしていたため撮影するのを忘れていました。


支柱の幅は出来れば90センチ間隔くらいが良いそうですが、あまり柱がたくさん建っているのが好きではなかったので、フェンスの支柱の幅を最大の1.5メートルにました。もちろん強度が心配になるので風で倒れないようにかなり支柱の固定はしっかりと行いました。


やり方としては、支柱ブロックの周りにさらにブロックを置いて四方を固め、その周りをモルタルで固定。これで倒れたら正直諦めるしかありません。


支柱を支柱ブロックに挿しモルタルで固定を行えば、あとは楽しい板張りの作業になります。ちなみに支柱を支柱ブロックに固定する際に、かならず遠くから並んだ支柱を見比べてみてくださいね。ずれていれば見た目でわかります。固まる前ならまだ修正が効くのでその際には必ずずれがないようにしてください。

スポンサーリンク









支柱を支柱ブロックに挿してモルタルを流す際には、養生テープを使って汚れないようにしておけば、後々に掃除も楽です。
sityukotei.jpg

まずは、傘木からスタート。笠木を目安に板を貼っていけば好きな高さまで計算しなくても貼れることができます。よくDIYされている方のサイトでは、下から板を貼ったほうが良いと書かれていますが上から貼ったほうが合わせやすいと思います。
kasagi.jpg
近所の方のプライバシーもあるので色を塗らせいただきました。ちなみに、笠木はアルミの支柱に貼った板にビスで留めています


あとは、笠木の高さからスペーサーをかまして横板を貼っていきます。今回隙間は1.2センチの隙間に設定。1センチだと隙間が無さ過ぎて防犯上良くないと書かれていたのですが2センチだとかなり外から丸見えに。なのでギリギリ見えるか見えないかの隙間で1.2センチにしました。


ちなみに上から板を貼っているのでかならず板を動かさないように固定するクランプが必要になるのですが、鉄製のクランプは重たくて使い勝手が悪いんです。アマゾンに売っているプラスチック製のクランプがかなり使い勝手が良かったのでお勧めです。

クランプは2個以上は必要になるので注意です。

スポンサーリンク









板を貼る際に必ず遭遇するのが板の曲がり。なんとかクランプをつかって真っすぐに修正しながら貼っていくのですが、やっぱりいくらかは修正ができないほど曲がった木もあります。この辺りは貼る板の位置を考えて気にならない場所に使ったりして誤魔化します。
hulensu.jpg

あとは板張り作業を進めていくだけ。一応水平器で板の水平はしっかりとりました。少しでも曲がっていると後々に大きな曲がりになるのもいやなので。


あっと言う間に板を貼り終えて完成。
kansei.jpg
貼り終えた板には再度防腐剤を塗布。あとは一年に一回防腐剤を塗ってどこまで持つかの実験。


コツはつかんだのでお次はイタウバ材などを使って張り替えてみようと思います。


ということで、木製フェンスのDIY作業がこれで終わりました。思っていた以上に良い出来栄えで満足。エクステリアDIY作業の楽しさを知ってしまったので次の構想をすでに考えています。


それではまた!

この記事へのコメント