【レビュー】1000円で買えるバッテリーチェッカー、性能はどう?【キャンピングカー快適化】

こんにちは、よしのぼりです。

スポンサーリンク








本日は、またまた商品のレビューです。


バッテリーのモニター、チェッカーですが、私のキャンピングカーについているのはアナログのチェッカーでして、表示が3パターンしかありません。良い、普通、悪いのみです。


それだといくら使ったのか、後何パーセントなのかが分かりません。


そこで、アマゾンで格安1,000円以内で購入することが出来る、バッテリーチェッカーを購入してみることにしました。


購入したバッテリーチェッカー



こちら、送料込みで900円。激安です。
性能としては、バッテリーの電圧と残量を表示できるとのことで、ディープサイクルバッテリーにも使用可能。さらに、リチウムバッテリーや24V、48Vなどの電圧にも対応可能とのこと。


設定方法については、アマゾンのレビューにたくさん記載があるのでなんとかなりそうです。


早速届いた商品を開封してみます。
バッテリーチェッカー (10).jpg
マッチ箱サイズのモニターで重さもマッチ箱程度。


これでバッテリーのチェックが出来るのか不安になるようなチープさです。

スポンサーリンク








さっそくキャンピングカーへ持っていって取り付けを行ってみます。


シートの座面の下にあるバッテリーを取り出してみます。
バッテリーチェッカー (8).jpg


むき出しの配線をバッテリーの+と-に当ててみてモニターが表示されるか確認です。
バッテリーチェッカー (9).jpg
お。ちゃんと表示されていますね。1週間ほど乗らないでいたためか、残量表示が72パーセントになっています。


とりあえず、ちゃんと使えるのが分かったので、取り付け場所を考えてつけてみたいと思います。

スポンサーリンク








取り付け作業


まずは、取り付ける壁面に仮固定してみます。
バッテリーチェッカー (2).jpg
うん。取ってつけたような感じがしないでも無いですが、まぁここで良しとすることにしました。


ドリルで穴を開けます。
バッテリーチェッカー (1).jpg
まずは径の小さいドリルで穴を開けます。


次に、大きい径でコードが通るサイズの穴を開けていきます。
バッテリーチェッカー (3).jpg
作業しながら写真を撮ったため、かなりブレていますね。申し訳ありません。

スポンサーリンク








こんな感じの穴が開きました。
バッテリーチェッカー (4).jpg


コードを通してみます。
バッテリーチェッカー (5).jpg
通りますね。良さそうです。


後は、モニターに両面テープを取り付けてコネクタと接続するだけです。
バッテリーチェッカー (6).jpg
電圧が表示されていますね。

バッテリーチェッカー (7).jpg
残量もOKです。

スポンサーリンク










まとめ


思ったよりも簡単でしたね。グリーンのLEDのバックライトも見やすく表示もシンプルです。これで残量が表示されるようになったのでキャンピングカーで出かけた際に活躍してくれそうです。


後は、値段が安かったので心配なのが耐久性です。


どのくらい使用できるのか、1ヶ月で壊れてしまえば意味がありません。


もうしばらく使ってみて再度報告してみたいと思います。


今のところは良い買い物をしたのではないでしょうか。



クリックしていただけると、私のやる気がドンドンアップします。是非ご協力お願いします。

スポンサーリンク






この記事へのコメント