【剪定】ブルーベリーの冬の剪定をしてみよう

こんにちは、よしのぼりです。


ここ最近かなり暖かくなってきましたね。春の訪れを感じます。


と、のほほーんとしている場合ではありません。私よしのぼりの冬の仕事、ブルーベリーの剪定を全く終わらせていません。


そこで、本日はブルーベリーの剪定方法をお伝えしようと思います。

スポンサーリンク









コツとしては、前年度に実をつけた枝はバッサリ剪定。


それから内に伸びていく枝は風通しを悪くするのでバッサリ剪定。


弱弱しい枝は美味しい実をつけないのでこれもバッサリ剪定。



だいたいこういった事を目安に剪定を行っています。


それでは、実際にブルーベリーの剪定前と剪定後の写真をみてください。


まずは、2年目のラビットアイ系ブルーベリーの剪定前。
ブルーベリー冬の剪定作業 (1).jpg
赤色の線のところを剪定しています。


剪定後がこちら。
ブルーベリー冬の剪定作業 (2).jpg
どうでしょうか。もうすこし強めに剪定してもよいかもしれませんが先ほどよりはすっきりしたのではないでしょうか。

スポンサーリンク









次にこちらも同じく2年目のラビットアイ系ブルーベリー。
ブルーベリー冬の剪定作業 (3).jpg
なんだかごちゃごちゃしています。こちらもすっきりと剪定してみましょう。

ブルーベリー冬の剪定作業 (4).jpg
こちらもすっきりとしました。

スポンサーリンク









いかがでしょうか。思っていたよりも簡単だと思います。ブルーベリーは実をたくさんつけてしまうと弱ってしまう品種もあるので、あまり実をつけすぎないように注意してやる必要があります。


とくに3年目まではしっかりと樹の生長を優先してあげるとその後の収穫に大きく影響します。


ちなみに剪定した枝は挿し木に利用することも出来るのでブルーベリーの苗を増やしたい方は是非挿し木もやってみてください。



クリックしていただけると、私のやる気がドンドンアップします。是非ご協力お願いします。


この記事へのコメント